dynabook T552液晶パネルの交換修理方法を詳しく解説!

更新日:1月12日



今回、ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」の液晶パネルに横や縦の線が入るということで、パソコン修理の依頼がありました。

パソコン修理でよく依頼があるのが、液晶パネルの交換修理です。

気を抜いた時にやってしまう画面割れや液晶割れは、ちょっとした衝撃で入ってしまいます。

ノートパソコンは薄くて持ち運びが便利ですが、液晶モニターは特に衝撃に弱く非常に壊れやすいパーツです。


パソコン修理専門店「Hijikado」では、作業料金・部品代・修理後返送代をコミコミで27,500円と、安くノートパソコンの液晶画面修理を行っておりますが、宅配専門のため実態が見えないので不安に思われるお客様も数多くいらっしゃいます。

そこで、こちらでは、実際にノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理の手順をまとめて、どのように修理しているのか見えるよう詳しく解説しております。

自分で液晶画面の修理を行い安く抑えたいという方にも、参考になるかと思いますので、注意点を確認しながら作業してください。


※ただし、自分で修理を行う場合は自己責任となりますのでよく考えてから修理をしましょう!このブログを参考にノートパソコン修理を自分で行う場合は、自己責任の上で分解をしてください。パソコン修理専門店「Hijikado」店では、いかなる場合も責任を負いかねます。


また、今回と同様の症状でノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理を依頼したい方は、以下よりご相談いただければ丁寧に対応させていただきます。


パソコン修理・分解に必要な道具

ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理の前に、パソコン修理・分解には、以下のような道具が必要です。


・プラスドライバー

・プラスチックのヘラ

・ピンセット

機種によってはネジが特殊なタイプもあるので、一通り揃っているものだと今後も安心です。

また、プラスチック製のヘラは、必ずと言ってもいいほどノートパソコンの分解には必須です。

パソコン修理専門店「Hijikado」でパソコン修理をする際に、このヘラはほぼ100%使っているために非常に使い勝手に優れております。

自分でノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理をする場合は、以下よりご購入できます。










ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理手順

今回、依頼があったノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理は、以下の手順で行いました。


液晶パネルフレームネジ取り外し


液晶パネルフレーム取り外し


液晶パネルの取り外し


新しい液晶パネルの取り付け


※ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの交換修理を行う際には、必ずバッテリーを外してから分解修理を行いましょう。


液晶パネルフレームネジ取り外し

ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルの構造は、「背面パネル」「液晶パネル(ディスプレイ)」「フレーム」の3つで構成されています。


今回の機種も含め、ノートパソコンの液晶パネルを交換する場合は、背面パネルを取り外す必要性はほとんどなく、手前にある液晶パネルフレームを外すだけの機種が多いです。


ほとんどのノートパソコンの液晶パネルフレームには、ネジ隠しと言われるものがあり、両面テープで取り付けられいるネジ隠しを剥がすと、ネジが出てきます。

ノートパソコン「東芝 dynabook T552/FRJ」液晶パネルでは、画面四隅部分(赤丸部分)にネジ隠しが貼られていますので、まずはそれを取り外します。

ここでは、細いピンセットを利用しましょう。

細いピンセットを使えば、粘着テープを簡単に剝がすことができます。

剥がした粘着テープは無くしやすいので、必ず修理完了までに保管しておきましょう。

また、液晶パネルフレームのネジ隠しは、基本両面テープで取り付けをされているだけです。

液晶パネルフレームを傷をつけないようピンセットや細いピンで注意しながら取り外してください。

粘着テープをはがしネジが見えたら、プラスドライバー(機種に合うサイズ)を使い全てのネジを外します。


液晶パネルフレーム取り外し

液晶パネルフレームのネジを全て外し終えたら、次はパネルの周りにある液晶パ